*『風書の集い』 in 水上・仙寿庵*
〜谷川岳を臨む素晴らしいお宿での『風書』の集い〜

開催日 : 2009年1月21日




2009年初の風書の集いは快晴 絶景の八ヶ岳が迎えてくれました 仙寿庵の美術館の様な総ガラス張りの円弧の回廊から望む八ヶ岳 エントランスを抜けるとお玄関に月の花器と花の台座を見つけました 羊毛、馬毛、孔雀、七面鳥の羽筆、黒竹など線の表情を楽しみます

この字が書きたかったと
体を使って大きな紙に
「動」を風書
「動」の’力’の部分に動きを入れたかった、と解説してくれました 雪の谷川にちなんで童謡「雪」の歌詞の一節を風書 「今日はこの線が気に入りました」優しく無意識に出来た線です
中筆2本を使いスピードの強弱をつけて「花」と風書 傑作です 今日の谷川の素晴らしい雪景色が自然の題材になりました こちらはひらがなで「ゆき」と風書 ’雪’のそれぞれの表現はステキ 季節の花、すいれんを見て単線で風書 香りまで感じます
時の言葉「変」 「これ変でしょ!」 「ホント変!」と、皆さん爆笑 筆に慣れている方も「風書」は自分の気持ちに素直に運筆します 本日は出来上がった作品をお部屋に飾ってお楽しみください その夜はシンシンと雪が降り続け明朝は幻想的な深山幽谷の世界


*お宿のご紹介*



別邸 仙寿庵
http://www.senjyuan.jp/