〜『風書展 アフリカの風 』〜

Fusho calligraphy exhibition “An African Wind ”

期間 : 2008年11月4日(火)〜11月28日(金)
場所 : 世界銀行情報センター(PIC東京)
    www.worldbank.org/ptokyo

月風かおり 風書展 『アフリカの風』が、世界銀行情報センター(PIC東京)にて開催され、
盛況のうちに終了致しました。
今年、世界銀行では、アフリカ会議、洞爺湖サミットをうけ、アフリカの側面を紹介する取り
組みとして、アフリカの人々の生活や自然をそれぞれの方法で伝えるアーティストを紹介し
ています。
月風が2004年〜2005年にサハラ砂漠と西アフリカを縦走した時の作品を展示しました。


<<世界銀行東京事務所のサイトでも、今回の風書展の模様が紹介されています>>
↓↓風書展の模様↓↓

 ↑↑ details here↑↑
↓テレビ会議プロジェクト↓

 ↑↑details here↑↑
↓↓トークセッション↓↓

 ↑↑details here↑↑





ガラス張りの 世界銀行情
報センターPIC東京にて
開催しました

今回はアフリカンキルトで、
西アフリカの雰囲気が会場
一杯に

顕微鏡でみる『サハラ砂漠
の砂の宝石コーナー』は
好評でした

マリの世界遺産の作品
『牛、ジェンネの朝市へ行く』
は驚嘆級

世銀の谷口駐日特別代表と
マリ大使マダムギゼ・マイム
ナジャル

マリ大使はお嬢様と来場
風書展には毎回お運び
頂いています

世界初の遠隔風書プロジェ
クトは月風の題字の揮毫で
スタート

JICA と世銀のネットワーク
でウズベキスタン、キルギス
を結ぶ

冒頭風書を楽しむレクチャー
をしながら、東京と対地へ
見せる

東京の生徒さんはモニター
に映る対地の作品を興味
深く見る

互いに刺激を受け浮かんだ
イメージを新聞紙に風書して
ゆく

今回は、院内風書時から
元気を頂いている大峯さん
も参加

サハラ縦断の仲間、島田
さんも駆けつけてくれ質実
剛健風書

中間のデモンストレーション
は皆さんと同じサイズの紙
に風書

今回のテーマ「地球へのプ
レゼント」の2作品を対地へ
見せる

生徒さんの仕上げの時間
感性のおもむくままに、でも
真剣

書の規制を外すことで、これ
ほどまでに豊かな作品が
生まれる

最後に感性の作品という
意味で、名前と風書を入れ
ましょう

夕刻40名の方にお集まり
いただき、トークセッション
がスタート

サハラ砂漠縦断と西アフリ
カの旅を写真を追って紹介
しました

遠隔風書後日、ウズベキスタン日本センターの
ロビーに風書ワークショップの作品を展示した
模様が送られてきました

来館者も興味津々 ワークショップに参加した
受講生も、自分や他の人の作品をみたり、うれ
しそ うに話をしていました







 〜『風書展 アフリカの風』を終えて〜

 今回の風書展はこれまでの展示会と違い、世界銀行という、グローバルな
 フィールドで新しい出逢と展開に満ち溢れていました。
 それは、私が、単にアフリカを旅し、『風書』の作品を創作したことに留まらず、
 その行動と体験がいかに途上国の人々と結びつき、
 芸術そのものが、開発、援助にどう関われるかを考えさせられた個展となりました。

 その最大のイベントが、期間中に開催された世界銀行東京開発ラーニングセンターと
 JICAのウズベキスタン日本センター、キルギスの日本センターを結んでの
 『遠隔風書教室』でした。 

 日本の書道をベースに自由な感性で書く『風書』。
 同じものが二つとないそれぞれの作品に、カントリーカラーがプラスされ、
 国も年齢も越えて、地球への思いやりのメッセージが風書されました。
 2時間の遠隔風書はあっと言う間でした。

 3カ国の生徒さんが、出来上がった作品を掲げた時は
 参加者はもちろん、世界銀行、JICAの方々皆さんが
 国際援助、国際協力の根底にある「繋がる」という基本概念が、
 自然発生していたことに驚きと感動を隠せませんでした

 素晴らしい作品の数々。
 その国のその人の表現。
 ハンディキヤップをもつ方の全力の作品。

 おそらく世界で始めての遠隔機器を使った書のプロジェクト。
 誰もが、貴重な、そして、感動的な時間を過ごしました。

 月風も慣れない進行でしたが、東京では世銀の大森広報担当官、
  JICA地球広場の加瀬さん、スタジオ技術の石田さん、 月風をアシスト
  していただいた平田さん、土志田さん他の協力を得、 また、対地では、
  ウズベキスタンジャパン・センターの永田さんと キルギスジャパン・センターの
 皆さんの協力を得て、 無事終了することができました。

 これからは、この貴重な体験を生かし、旅をもっと深く捉え、『風書』を 通して、
 地球と関わってゆきたいと思います。
 皆さん、有難うございました。

   風書家   月風かおり