[INDEX] [GALLERY] [ACTIVITY] [PROFILE] [MAIL]



〜月風かおり『風書展』北極圏スピッツベルゲンの風 2017 〜

Fusho at the Arctic Circle, Spitsbergen, Svalbard, Norway

[ 2017年11月 ]
2017年3月に訪れたノルウェー領スピッツベルゲン島の感動作品を、
11月3日〜12日までモンベル東京京橋店サロンで展示しました。


                           詳細はこちら(details here)




〜『風書』 in 北極圏で2極制覇 〜

Fusho at the Arctic Circle, Spitsbergen, Svalbard, Norway

[ 2017年3月 ]
2015年の南極に続き、極地『風書活動』を完成させるため、今回は北極点までわずか1200キロ、北緯78度15分のノルウエー領スヴァールバル諸島スピッツベルゲンに入域。
無事、地球の南北2極に近い雪原でパフォーマンス活動を終えました。

                           詳細はこちら(details here)




〜「よみうりこだまの会」講演 〜

Talk session at Yomiuri-Kodamanokai

[ 2016年11月9日 ]
『南極への道』の講演会を行いました。
新聞の読者の会「よみうりこだまの会」で南極での活動に至るまでの道のりをお話させていただきました。


                           詳細はこちら(details here)




〜アルゼンチン南極芸術プログラムの活動が『極地』で紹介 〜

Tsukikaze's Antarctica activity has introduced on the journal 'Kyokuchi'

[ 2016年3月31日 ]
日本の極地研究と学術文化の向上発展に寄与する、公益財団法人日本極地研究振興会発行の会誌『極地』102号に、 2015年アルゼンチン隊「南極芸術プログラム」参加活動の紀行文が掲載されました。


                           詳細はこちら(details here)




〜アルゼンチン南極芸術プログラム参加作家『SUR POLAR』で紹介 〜

Tsukikaze has introduced on the website 'SUR POLAR'

[ 2016年3月 ]
10年に亘り南極へ芸術家を送り込んでいるアルゼンチンの
「南極芸術プログラム」Art Residence in Antarctic 。
この活動と作家をまとめたサイト『SUR POLAR』に紹介されました。


                           詳細はこちら(details here)




〜冒険フォーラム『なぜ、極地なのか』に参加しました 〜

Tukikaze joined the Bouken Forum Japan 2015

[ 2015年11月22日 ]
2015年日本冒険フォーラム『なぜ、極地なのか』に参加し、チャレンジャーたちのメッセージ展のブースで、南極報告会を行いました。



                           詳細はこちら(details here)




〜2015アルゼンチン国立南極総局芸術プログラム参加作家共同展 〜

2015 Direction National Antarctica) Artist in Residence Program - Joint Exhibition

[ 2015年9月 ]
2015年1月3日〜2月4日南極での芸術活動を終え、世田谷美術館にて風書展を開催しました。
日時:2015 年9月9日(水)〜13日(日)


                           詳細はこちら(details here)




〜地平線会議にて南極報告会を行いました〜

Tsukikaze reported about the Antarctica activity at Chiheisen.net.

[ 2015年6月 ]
『地平線会議』にて、月風の南極での活動の報告会を行いました。



                           詳細はこちら(details here)




〜月風の南極行きがNHKニュースで紹介されました〜

Tsukikaze's voyage to Antarctica was reported in NHK news

[ 2015年1月 ]
月風の南極芸術プログラム参加について、NHKのニュースで放映されました。



                           詳細はこちら(details here)




『Artist in Residence Program』(アーティストインレジデンス)
〜国立南極局芸術プログラムinアルゼンチン南極基地〜 参加決定!

Tsukikaze joins DNA (Direction National Antarctica) Artist in Residence Program 2015!

[ 2015年1月-2月 ]
アルゼンチン外務省、文化省の国立南極局が主催する、南極での極地芸術プログラムに選ばれ、2015年1月〜2月(夏隊)、南極大陸アルゼンチンエスペランサ基地での芸術活動参加が決まりました。

                           詳細はこちら(details here)




〜『風書展』 世界の人々 2014〜

Exhibition of FUSHO "People around the world"2014

[ 2014年9月18日-9月24日 ]
世界の自然を墨で表現する『風書』を始めて12年が過ぎました。
地球の驚異と向き合う旅では、日本とはかけ離れた環境で逞しく生きている人々に出会います。今回は辺境で出会った人々をテーマにした小作品を発表しました。

                           詳細はこちら(details here)




〜2013-2014年ギアナ高地&パタゴニア氷河『風書展』〜

Guiana hilands - Patagonia glacier Fusho exhibition in 2013-2014!

[ 2013年10月-2014年8月 ]
ギアナ高地〜南米パタゴニア氷河 風書の旅
秘境・南米のギアナ高地と、アルゼンチン〜チリに広がる壮大な氷河。2013年1月〜2月にかけて一ヶ月の旅を終えて創作した風書を、2013年10月より各地モンベルサロンにて開催中の全国巡回展にて展示しました。

                           詳細はこちら(details here)




〜東京ミッドタウン トークセミナーII〜

Talk session at Tokyo Midtown

[ 2012年10月20日 ]
2010年5月に続き、東京ミッドタウンのスルガ銀行 d-labo にて、第2回目のトークセミナーが開催されました。今回は、「目的を追求する旅の楽しさ」というテーマを受けて、旅から作品作りまで自分の目的を達成するまでのお話を中心に進めました。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

                           詳細はこちら(details here)




〜『マリアンナ倶楽部 × 輝く女性』で紹介〜
Fusho workshop and Tsukikaze have been introduced in the Marianna club website

[ 2012年9月3日 ]
本年3月、東京青山の草月会館にて「マリアンナ」のお客様が参加した「風書」のカルチャースクールが開催されました。
ワークショップの様子や月風の活動が同サイトで紹介されています。
(Photo by 長谷川 朗)
                            詳細はこちら(deails here)




〜二輪雑誌『MOTO NAVI』にて旅と風書が紹介〜
Fusho has been introduced in the motorcycle magazine"MOTO NAVI"

[ 2012年8月24日 ]
二輪雑誌『MOTO NAVI』にて、旅と風書が紹介されました。
10月号を
8月24日発売(Vol.60)
ペーパー媒体のため、店頭での紹介となります。
『MOTO NAVI』ウェブサイトはこちら http://www.moto-navi.net/

                            詳細はこちら(deails here)




NEWSポストセブンに掲載
Tsukikaze has been introduced in News Post Seven

[ 2012年5月28日 ]
“女流書家たちが生みだす美しき一筆は、貴重な人生訓である”と社会人への
メッセージを送る、NEWSポストセブン「美しき一筆」で月風の活動と、メッセージ
「旅にでよう」が紹介されました。

                            詳細はこちら(deails here)




アルゼンチン ARTECLASICA 2012 に参加
Artentina ARTECLASICA 2012

[ 2012年5月3日〜5月7日 ]
現代日本の掛け軸展
[ 2012年4月24日〜27日 ]
アルゼンチンのブエノスアイレスにおいて開催された国際アートフェアARTECLASICA 2012に参加しました。作品は会期前に現地日本国大使館広報文化センターにおいてプレエキシビジョン「日本の掛軸展」で紹介されました。

                            詳細はこちら(deails here)




『風書の世界 PARIS』 2012 開催〜
Exhibition of "The Fusho World PARIS" 2012

[ 2012年4月23〜29日 ]
東京・京橋にて

アフリカの旅で自由な墨の表現を見つけた私が、その表現に確信を持つためにPARISへ旅立ち、放浪徘徊した時の未発表の小作品の展示です。

                              詳細はこちら(deails here)




2012年 元旦風書
New Year Fusho 2012

[ 2012年1月1日 ]
2012年、今年も八ヶ岳山麓で元旦を迎えました。
昨年の天災では自然の猛威を思い知らされました。
今年はそれらの痛手を乗り越えて自然の恵みに感謝し、共生してゆきたいと思います。

                            詳細はこちら(deails here)




〜静岡県茶業青年団企画‘新茶と風書手ぬぐい’で日本を応援〜
Shizuoka tea industries young men's association projects
"aid Japan with the new tea and Fusho towels"

[ 2011年12月 ]
震災を契機に、改めて日本人の高い精神性を求める人々に、お茶の郷静岡県から新茶と共に届ける和の‘風書手ぬぐい’を創作しました。
風書手ぬぐいは3種類、「生きる力」をテーマとして日本の皆さまに元気を届けます。

                            詳細はこちら(deails here)




〜東日本大震災復興支援日仏プロジェクト“Art for Japan”に参加〜
Join"Art for Japan", the Japan-France co-project to support the suffering people in the disaster areas

[ 2011年 ]
東日本大震災復興支援の日仏プロジェクト"Art for Japan"に参加しました。
1000 artists プロジェクトは、世界中のアーティストからの千羽鶴として、希望、平和を願う心を作品にし、その義援金で被災地の公共及び文化施設に寄付する企画です。

                            詳細はこちら(deails here)




〜東日本大震災 被災地バイクボランティア参加〜
Volunteer activity by a motorcycle at a stricken area of the Great East Japan Earth Quake

[ 2011年6月11〜12日 ]
東日本大震災の被災地、宮城県へ南三陸町へバイクボランティアとして行ってきました。震災の傷跡が生々しい現場の中、避難所へ物資のお届けと、お年寄り世帯の自宅のお片づけをさせていただきました。3カ月目の現地では瓦礫の片付けが進む中、被災者の心のケアーが重要になっていました。


                            詳細はこちら(deails here)




〜東日本大震災 被災地応援風書 in ポーランド〜
Fusho aid for victims of the Great East Japan Earth Quake

[ 2011年5月7日 ]
ポーランドワルシャワにて、第三回『ワルシャワ日本の春』フェスティバルが開催され能・日本舞踊の公演のほか、ワークショップ等のイベントが行われました。日本舞踊の会場において今年3月に起こった東日本大震災の被災地に向けてワルシャワ市民の皆さんに「墨」によるメッセージをいただきました。


                            詳細はこちら(deails here)




〜アウシュビッツ絶滅収容所にて鎮魂の風書〜
Fusho for the repose of the soul at Auschwitz Birkenau

[ 2011年5月5日 ]
ナチスドイツが非道な人種差別政策により1940年から1945年まで悲劇的な虐殺が行われたアウシュビッツ絶滅収容所内で、特別な許可を得て、「鎮魂の風書」を行いました。
この地は抑圧に満ち、人間の尊厳を見失った者がいかに多くの人々の命を奪ったか、そしてその記憶をどう後世に伝えてゆくか、事実を受け止めた私たちが深く考えさせられる「負の世界遺産」です。

                            詳細はこちら(deails here)




〜ニューヨークartexpoに出品〜
Tsukikaze exhibited fusho at Artexpo New York 2011

[ 2011年3月25〜27日 ]
年に一度ニューヨークで開催される、最も大規模で国際的なアートフェアであるニューヨークアートエキスポに参加しました。
アメリカはもとより、世界中から芸術作品が寄せられ、多くの美術関係者が集うこのエキスポで、月風はチベットの作品を中心に展示しました。


                            詳細はこちら(deails here)




〜2011年 元旦風書〜
New Year Fusho 2011
[ 2011年1月1日 ]
2011年、今年も八ヶ岳山麓での風書でスタート。
氷点下7度の屋外で、『極地風書』を揮毫しました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

                            詳細はこちら(details here)



〜「奢楽」The HOTEL に掲載 〜

Fusho workshop has introduced in a magazine & website

[ 2010年9月10日 ]
クラブ会員のオーナーズ機関紙 「奢楽」 2010年秋号のThe HOTEL のページで、月風かおりが群馬県水上の仙寿庵にて開催している 『風書の集い』 が紹介されました。
また、雑誌と同じ内容の記事がウェブサイトでも公開されていますので、ぜひご覧ください。

                           詳細はこちら(deteils here)




〜月風かおり ラジオ出演!〜

Kaori Tsukikaze will appear in a radio program!

[ 2010年8月8日 ]
地球の自然と環境に関連した活動を紹介するラジオ番組、ネイチャープログラム「ザ・フリントストーン」に出演!番組内1時間のインタビューで「風書」の活動についてお話しました。
放送日時 : 8月8日(日)23:00〜24:00
放送局 : 千葉のFMラジオ局 Bay FM 78MHz

                           詳細はこちら(deteils here)




〜「メトロポリス」に掲載〜

"Metropolis" carried a story of Tsukikaze

[ 2010年7月15日 ]
英語雑誌としては日本一の発行部数を誇る外国人向け情報誌「メトロポリス」に、月風かおりの記事が掲載されました。


                           詳細はこちら(deteils here)




〜天空のチベット『風書展』 開催〜

Fusho calligraphy exhibition“Tibet in the sky” in July, Aug. 2010

[ 2010年7月3日〜25日、8月7日〜29日 ]
『風書 in ネパール』の巡回風書展を開催したモンベルクラブのサロンで、天空のチベット『風書展』を開催しました。
2010年7月3日(土)〜25日(日)はモンベルクラブ グランベリーモール町田店にて、8月7日(土)〜29日(日)はモンベルクラブ渋谷店にて開催しました。           ご来場くださった皆様、ありがとうございました。 
NEW!フォトダイジェスト をアップしました。        
                             詳細はこちら(deteils here)




〜月風かおりと楽しむ『風書』in水上〜

Fusho workshop in Minakami, Gunma
[ 2010年5月25日 ]
毎回ご好評頂いている、水上温泉『仙寿庵』での『風書』の集い。
谷川連峰と清流、自然のエネルギーをたっぷり取り込んで、ゆったりとそして自由な墨の世界へ お誘いします。
今回は、5月の鮮やかな新緑が迎えてくれました。

                          
                           詳細はこちら(details here)



〜東京ミッドタウン トークセミナー〜

Talk session at Tokyo Midtown

[ 2010年5月22日 ]
東京ミッドタウンのスルガ銀行 d-laboにて、トークセミナーが開催されました。
風書とは何か、これまでの旅の話、墨の面白さ、現場主義の理由、チベット横断の話など、もりだくさんの内容で、盛況のうちに終了しました。
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

                       
                           詳細はこちら(details here)




〜2010年 元旦風書〜

New Year Fusho 2010

[ 2010年1月1日 ]
今年度(7月8月)はチベットの風書展が決まりました。
昨年のチベット横断ではチャムドの自宅から1千キロを4カ月もかけて五体倒地しながらラサへ向かう巡礼者に遭遇しました。自身も高度障害と闘いながら旅を続け帰国、感動の風書作品を発表することを受け、今年の元旦風書は「五体倒地」を揮毫しました。

                          詳細はこちら(details here)




〜アフリカ理解プロジェクトサイトで月風の紹介〜

Tsukikaze has introduced at Africa-rikai net

[ 2009年12月 ]
元青年海外協力隊員や開発ワーカーが中心となって2003年に設立された、アフリカ理解プロジェクト。アフリカに関わる各界の方々を取材し、アフリカとの出会い、そしてアフリカをどのように捉え、理解することになったのかを紹介した 『私Xアフリカ』 にて、月風の活動が掲載されました。

                          詳細はこちら(details here)




〜横浜開港博Y150会場にて『風書』〜

Fusho at the Grand Exposition for Yokohama's 150th Year of opening port

[ 2009年9月21日 ]
2009年4月28日から9月27日まで開港150周年を迎える横浜で歴史と文化の魅力満載の大博覧会が行われました。
月風は今回、「自然」、「環境」、「共生」のテーマのもとに実施されたヒルサイドエリアにて、市民150人に竹で作られた紙に、それぞれの環境への思いを自由に風書してもらうワークショップを開催。
幻想的な月が現われた日没から、屋外の竹灯篭の中で、特注された竹紙(5mx3m)にサブタイトル〜竹は地球を救う〜を持った『竹人間』を揮毫しました。

                          詳細はこちら(details here)




〜 『風書の旅』 in TIBET 〜

Tsukikaze returned from a trip of Fusho in Tibet by moto

[ 2009年・夏 ]
チベットの感動の旅から戻りました!!
西安〜蘭州〜武威〜張掖〜嘉峪関〜敦煌〜ゴルムド〜沱沱河〜那曲〜ラサ〜シガッェ〜エベレストBC〜ティンリ〜ラッェ〜普蘭〜タルチェン〜カイラス〜阿里〜大紅柳灘〜カルガリック〜カシュガル (7,500km 35日間)
高山病と戦いながら、壮大な旅を終えました。
旅の報告、作品については、今後お時間を頂きながらご報告いたします。
チベットの写真を数点アップしました ↓↓↓
                            詳細はこちら(details here)   




〜『風書〜地球へのプレゼント』作品展〜

Fusho calligraphy exhibition “Gift for the earth”
[ 2009年6月2日〜14日 ]
昨年11月に開催された「月風かおり『風書』テレビ会議プロジェクト〜地球へのプレゼント」に参加された皆様の作品が、JICA地球広場にて展示されました。それぞれの国の現状や個々の関心が墨によって素直に表現されている作品を、たくさんの方々にご覧頂きました。 また、この作品は6月16日(火)から26日(金)まで、世界銀行情報センター(PIC東京)へ巡回しました。
                           詳細はこちら(details here)      



〜月風かおりの『みんなで風書』at安楽寺〜

Fusho workshop at Anraku-ji, Nagano

[ 2009年5月13日 ]
雑誌『the 法然』の企画により、出前寺子屋のパフォーマンスとして、風書のワークショップを、長野県の安楽寺にて開催しました。

『the 法然』 2009年6月25日号に掲載
                       
                           詳細はこちら(details here)




〜21世紀平成21年丑年新春祝賀会〜
The New Year celebration party for the Year of the Ox of the 21st century
[ 2009年1月10日 ]
今世紀一度限りの平成21年丑年の初めに、新年の門出を祝うアーティスティックなパーティが開かれました。
新しい年の幕開けに相応しく、素晴らしいパフォーマンスの数々が披露されました。

                           詳細はこちら(details here)



〜2009年 元旦風書〜
New Year Fusho 2009
[ 2009年1月1日 ]
2009年の幕開け、今年も八ヶ岳山麓での風書でスタートしました。
風凍る凛とした空気の中、元旦の“氣”を作品に投入しました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
                            詳細はこちら(details here)


以前の活動は、Activity(活動)ページの各項目、
または、活動アーカイブのページにてご覧頂けます

*このページのトップに戻る*
back to the top of this page